_MG_9554.jpg

_MG_9564.jpg

_MG_9571.jpg

_MG_9590.jpg

_MG_9591.jpg

_MG_9609.jpg

_MG_9577.jpg

_MG_9580.jpg

_MG_9622-02.jpg

_MG_9643.jpg

_MG_9719.jpg

_MG_9741.jpg

_MG_9548.jpg

_MG_9760.jpg

_MG_9513.jpg

_MG_9510.jpg

_MG_9504.jpg

_MG_9506.jpg

_MG_9489.jpg

_MG_9492.jpg

_MG_9826.jpg

_MG_9903.jpg

_MG_9905.jpg



広島に来て3週間近くが経ちました。
今回の週末は終戦まで毒ガスが作られていた島に行きました。
毒ガス工場の存在は機密性から秘匿され、陸軍が発行した地図においても島一帯は空白地域として扱われた。
つまり地図から消されたのです。
太平洋戦争中を通じ主に中国大陸で使用する目的の化学兵器が生産されたほか、殺虫剤などの民生品も生産された。

現在は太平洋戦争終戦時に島内に残留していた毒ガスの量は、かなりの量だった。終戦後、GHQ(主にオーストラリア軍)や政府により施設解体や残された化学兵器の処分が、周辺海域への海洋投棄、火炎放射器による焼却、島内での地中処分といった方法で行われ、除毒措置も施された。しかし処分は十分ではなく、現在でも島内地下4~5メートルの土壌で高濃度のヒ素が検出されるなど、負の遺産を受け継いでいる。また、この島で働いていた職員達にも被害はあった。防護服の隙間からガスが侵入し、皮膚や目を冒され、肺炎や気管支炎になった者がいた。しかし当時は有効な治療法がなく、できるだけ栄養をとる程度の対策しか講じられなかった。

以上のように製造職員や処分時のスタッフにも死者などの被害が及んだ。
島内には沢山の兎が見られる。
このウサギの起源に関しては、かつてこの島の毒ガス研究施設や工場での実験用や毒ガス検知のために飼われていた多数のウサギたちが、終戦後放棄された施設と共にそのまま放置され、温暖な気候と天敵がいないという好条件によって繁殖したという説がある。しかし毒ガス工場で働いていた元毒ガス資料館館長の証言によれば、毒ガス実験にウサギが使用されていたのは事実だが終戦後にすべて処分されており、現在いるウサギは休暇村建設後に本土から導入されたものとのことである。


以上ウィキペディアからも引用しましたがその島の発電所や貯蔵庫を撮りました。
この建物の存在感はすごい!堪らない、、、!

そしてその島へ渡るフェリーの港町もノスタルジックでいい味出してます。
こっちに居られるのもあとわずか。

仕事も勿論頑張るけどこういった散歩写真、沢山撮ろうっと!

スポンサーサイト

2010.04.19 Mon l 風景 l COM(3) TB(0) l top ▲

コメント

No title
とにかく、すごい被写体ですね!これは…カメラマン魂に火がつくはずですね…。MASAさんが冷静を装いつつ、興奮しているのが写真を通して伝わってくるようです。
2010.04.21 Wed l secret beach. URL l 編集
No title
なんすか!?この島!
一瞬、軍艦島かと思う、廃墟マニアの心をくすぐる写真。
この島は軍艦島とは違い、人が住んでいるのですね。ウサギが沢山居るというのも魅力的です。
でも、ウサギちゃん達の生い立ちには悲しい過去があるのですね。
広島長いすね。最近寒暖の差が激しいのでお体に気を付けて下さい。
先日、カレーサミット開催したのですが、本命のお店がお休みでしくじりました・・・
でも、目黒川桜祭りを見物して天気も良かったので結果オーライという事にしてます(笑)
2010.04.22 Thu l ちっちゃいおっさん. URL l 編集
No title
これはまた中々旨そうなカレーですな!
ライスがドーナツ状にセッティングされているのがナイスです。
しかもかなりのボリュームに見えますが、どうなんでしょう?
ココイチ以外のチェーン展開出来るカレー屋求む。定番=ココイチに割って入ってきて欲しいものです。
ビジターセンター意外家はないという事は、夜になって肝試しでもしようものなら、仕掛けとかなくても本物が出てきてしまいそうですね。
2010.04.27 Tue l ちっちゃいおっさん. URL l 編集

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://photographermasa.blog7.fc2.com/tb.php/61-f58fc1c7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)