上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
5DM32508-02.jpg

5DM32511.jpg

5DM32504.jpg

5DM32508.jpg

5DM32506.jpg

5DM32518.jpg

夜中に現場に到着し、手応えを感じたので朝方の撮影もシュミレーションして仮眠。
起きてみたら厚い雲に覆われていた。
山頂付近は時折見えるのだが朝の光を受け若干赤くなっているのは確認できたが雲の位置が高く、すぐに隠れてしまう。
劇的に良くなる感じもなく、紅富士を目的に撮りに来た訳ではないので、朝の渋滞も気になっていたので早々に退散。
昼間は30度を超えたであろうこの地も、この時間は21℃と涼しかった。

スポンサーサイト
2017.08.10 Thu l 風景 l COM(0) TB(0) l top ▲
5DM38283-02.jpg

5DM38277.jpg

5DM38279.jpg

IMG_4769.jpg

5DM38300.jpg

5DM38283.jpg

昨夜は一年で一番小さい満月でした。
「strawberry moon(ストリベリームーン)」と呼ぶそうです。
太陽は高い位置にあり、月は低い位置なので両者の距離が離れると空気の層にどんどん太陽の光が吸収されて最後に残る赤い色だけが月に反射され、ピンクに近い色になるそうです。
以前体感した強烈な満月の影を見た場所に今回行ってみたのですが、影はあるこそすれ確かにその時より光も弱く、小さく見えました。

人工的な明かりが全くない場所で、誰もいない中で感じる事。
夜でも波の音は絶えずループされていて、鳥の声、星の瞬き、月の明かりもこちらの事情や感情に関係なく存在、ループしていて、地球スケールの大きさに、自分という人間はなんて小さいものなんだろう、と再認識させられます。
そして自分の悩み事なんてこの地球のスケールに比べたらなんてちっぽけなんだろう、、、そう思うと悩んでるだけ無駄だな、と思えてくるのです。
地球の鼓動、循環を感じる事は必要なんだなぁ、と思いました。
2017.06.10 Sat l 風景 l COM(0) TB(0) l top ▲

Drone&Movie Shooting Masahiro Shono
Edit Masahiro Shono
Drone Assistant Ryugo Kaga
Special Thanks 神奈川県松田町役場
        あしがら社中

最明寺史跡公園について
密教の奥儀を追求する真言宗の名刹として鎌倉時代、源延という僧侶が建立。松田山山頂近くに位置する緑あふれる自然公園です。花の名所とも知られ、春には桜(オオシマ桜・シダレ桜)が咲き、最明寺例祭(4/10)が華やかにとり行われます。この例祭は、源延の600回の遠忌を4月10日と定めたことに由来し、現在でも毎年同じ日に行われています。
(じゃらんより引用)
2017.05.21 Sun l 風景 l COM(0) TB(0) l top ▲
DJI_0033-02.jpg

5DM35079.jpg

5DM35074.jpg

5DM35097.jpg

DJI_0025.jpg

DJI_0033.jpg

DJI_0010_20170419191015e10.jpg

DJI_0004_20170419191013a4a.jpg

DJI_0015.jpg

地元情報誌の方のご紹介により、神奈川県松田町にある最明寺史跡公園の桜を撮影して来ました。
入り口付近にはソメイヨシノが、池のまわりを枝垂れ桜が囲み、黄色のレンギョウやピンクの大島桜、花桃など百花繚乱が訪れる人の目を楽しませてくれます。
とても良い時期に撮影出来て良かったです。
しかもほぼ無風!
編集が楽しみです。

最明寺史跡公園については下記をご覧ください。
密教の奥儀を追求する真言宗の名刹として鎌倉時代、源延という僧侶が建立。松田山山頂近くに位置する緑あふれる自然公園です。花の名所とも知られ、春には桜(オオシマ桜・シダレ桜)が咲き、最明寺例祭(4/10)が華やかにとり行われます。この例祭は、源延の600回の遠忌を4月10日と定めたことに由来し、現在でも毎年同じ日に行われています。
(じゃらんより引用)
2017.04.19 Wed l 風景 l COM(0) TB(0) l top ▲
5DM3677-02.jpg

5DM36755.jpg

5DM36767.jpg

5DM36769.jpg

5DM36791.jpg

5DM36797.jpg

今回富士山の周りを一晩かけて回っていて気付いた事がある。
月が出て数時間後の事、山頂付近の笠雲は常に富士山の西側で発生しており、東側に流れている、そしてそれがなくなる事がなかった。
山頂付近の雲がなくなったらレンズを変えて写真撮ろう、、としばらく待っていたけど形を変えて常に雲が発生してるばかりで、一向に消える気配がない。
そして東側の低い所で違う雲が発生し、こちらも雲が流れている。
その後東側の御殿場、小山方面に移動したが先ほどまでの快晴がうそのように雲行きが怪しくなり、雪まで降って来る始末。
この低い位置での雲はそういえば見覚えがあるな〜。
いつもじゃないけど東側が富士山から発生した雲で雨や雪が降りやすい方角だったんですね。
こんな事が今まで気がつかなかったとは、、、。


2016.12.17 Sat l 風景 l COM(0) TB(0) l top ▲
5DM38835-02.jpg

5DM38812.jpg

5DM38832.jpg

5DM38846.jpg

5DM38849.jpg

5DM38841.jpg

5DM38835.jpg

スーパームーン撮影して来ました。
正確にはスーパームーンの日の翌日ですが、、。

満月を撮影する時、Google Mapで事前にどこに行って撮るか決める事が多いです。
月がどの方向から顔を出すのかも重要なポイントです。
満月の時は日没とほぼ同じ時間帯に顔を出し始めるので夕暮れ前に現場に到着し、月が昇るのを待ちます。
月が出てからの数時間が勝負なんですが地平線、水平線付近はだいたいチリや雲が多いのでくっきりとした月の出を拝める事はそうそうありません。
その後次の現場に車で移動しながら良いポイントがないか探しつつ撮影します。
そして月が高い位置にある時は絵にならないので、数時間仮眠をし、翌朝の日の出前後の月没まで狙います。
勿論途中で雲が多くなったり、雨になって断念する事も度々あります。
逆に、仮眠前まで風が強すぎて三脚もブレるのでは、、、!!と思うような時でも朝方になったらピタッと止んでる事もありました。
曇が厚すぎて撮影出来ないかな、、、と思うような時でも、朝方には全く雲がない事もありました。
自然は先が読めない不思議さも兼ね備えていますね。
今後も更に追い求めていきます。

さて、次回は富士山を狙いに行きますよ!
2016.11.18 Fri l 風景 l COM(0) TB(0) l top ▲
5DM34833-02.jpg

5DM34870.jpg

IMG_7951.jpg

IMG_7970.jpg

5DM34833.jpg

5DM34863.jpg

5DM34850 1
5DM34847.jpg

久しぶりにお月さんと対話が出来ました。

雲の間から顔を出して煌々と明るくなる様は、太陽の絶対的な明るさいとは違った神秘的なカンジがします。
自分の影が出来るくらい明るくて目を凝らせば色々見えるのですが一度スマホや街灯、車のライトを見てしまうと対比としてその明るさを忘れてしまうんですね。
街灯がない時代は更に月の明るさを実感出来ていたでしょうね。
街の明かりが沢山ある所に身を置くと満月の有り難みもなくなってしまい、満月だった事も見逃してしまいそうですね。

一ヶ月のうち数日は落ち着いて月を見上げ、ゆっくり落ち着いた気持ちでいたいものですね。

2016.10.16 Sun l 風景 l COM(0) TB(0) l top ▲
SHON9168-02.jpg

SHON9155.jpg

SHON9168.jpg

SHON9182.jpg

SHON9184.jpg

SHON9193.jpg

初めて昭和記念公園に行きました。
広くて芝生広場から人工の建物などが全然見えないのはすごくいいですね。
池やバスケのコートもあるし、自転車借りて園内を移動したけど正解でした。
歩きだったら全然回れなかったと思う。
2016.08.26 Fri l 風景 l COM(0) TB(0) l top ▲
SHON2425-02.jpg

SHON2420.jpg

SHON2419.jpg

SHON2417.jpg

SHON2425.jpg

久しぶりに満月の撮影に出ました。
電灯がほとんどない高知県での満月との対話。
目が慣れると満月の明かりだけでもかなり明るいです。
自分の影がすごくハッキリしています。

田んぼ付近で撮影しているとカエルの大合唱がお出迎え、これから稲が育っていく時期ですね。


2016.05.23 Mon l 風景 l COM(0) TB(0) l top ▲
DJI_0010-02.jpg

DJI_0020.jpg

DJI_0026.jpg

DJI_0060.jpg

DJI_0022.jpg

DJI_0010.jpg

山口県光市に行きました。
瀬戸内海へ小さく突出した象鼻ヶ岬は周防橋立と呼ばれる景勝地。
象鼻ケ岬「ぞうびがさき」とは読んで字の如く、岬が象の鼻のような形をしています。
狭い範囲で歴史的なスポットも幾つかありお地蔵さんくらい小さい弘法大師像や薬師如来像が八十八ヶ所道脇にあり、霊場として親しまれています。
また、光峨眉山護国神社は明治3年、元遊撃隊士によって創建された神社で蛤御門の変で散った来島又兵衛他、太平洋戦争まで光市出身の英霊が祀られています。

その後同じ光市の伊藤公資料館にも行きました。
私の先祖が長州藩や松下村塾に縁があり、伊藤公とも縁が深かったようで博文公を詳しく知る事が出来てとても有意義で良かったです。
農民から総理大臣など様々なポジションに就いた事を考えると秀吉に次いで二番目の立身出世した人じゃないかな?
岩崎さん、本日は色々と案内して頂きありがとうございました!今はもう広島に戻って来ています。

実はその日未明のいわゆる「本震」では宿泊先だった山口県光市でもかなり揺れました。
昼間はヘリやレスキュー隊、救急車などが熊本方面に向かっていました。
くれぐれも、二次災害などに巻き込まれないように気をつけて欲しいです。
そして、伊藤公資料館に現総理の安倍晋三さんの寄せ書きがありました。
そう、山口県は総理大臣を何人も輩出してるんですよね。
安倍さん、あなたの地元や応援してくれる人たちが住む地域から、稼働中の川内原発までわずか300kmです。
熊本県阿蘇地域からはたった150km。
今本当に原発は稼働させないとダメなんですか?これだけ停電してるのに?
「万が一」が起きてからじゃ取り返しがつかなくなりますよ!
自然は人や建物に対して手加減は一切してくれない。
そんな地元の方達にも自信を持って「絶対大丈夫!」と言えるのですか?
素人意見で申し訳ないが今は停止させても問題ないんじゃないの?
被災者への物的支援も勿論必要だけど精神的安心を確保する事こそ最優先じゃないだろうか?
2016.04.29 Fri l 風景 l COM(0) TB(0) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。